「水と月」  food, aroma, ayurveda, yoga, planet, flower, water, moon, nature,herb, music…

menu

水と月

バラの花びら漬けで夏を涼やかに。

ばらび花2

Gul(グル) = ローズ、花
Khand(カンド) = 砂糖
という意味のアラブ語。

 

「花のなかの花」として古くから愛されてきた薔薇、
そのバラの花びらを砂糖漬けにしている、グルカンド。

敬愛するヨガの先生に味見させてもらって、甘く、とっても美味しい味に感動。
すぐにネットでオーダーしました。

アーユルヴェーダでいう夏に乱れやすいドーシャ、ピッタ(火)を整えるレメディとして、
グルカンドはアーユルヴェーダの歴史の中でも割と新しいものとして使われています。

無農薬のバラの花びらがお薬として利用されます。バラのつぼみには、冷却作用があり、
お通じを優しく促進させ、また、強心作用があり、浄血作用、火傷などにも使われます。
その他にも、胸やけ・体の余計な熱、ほてり・疲れ眼・疲労・倦怠感・筋肉痛・あせもや
アトピーなどの痒みなど。ビタミンも豊富なので、これからの季節、夏の強い日差しを
長時間浴びた後などにも摂取したいですね。

また、摂取の仕方は、朝や午後、夜などに、小匙1杯程度を。特に朝一番、
白湯か常温のお水を飲んだ後がオススメ。

 

夏は冷たい性質を持つバラ科のものが特に良いとされています。

バラが難しければ、手軽にうめやもも、または桜の花びら等で代用しても良さそう。

 


気持ちよく夏を過ごす為に、取り入れたいレメディの1つです。

 

 

“「ショップにもお立ち寄り下さい」”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Shopのご案内

piantaはあなたの大切な時間を共に過ごせる手作り作品「深呼吸するように自然で心地良いもの」をコンセプトにお届けしています。

管理人:mai


居住地:okayama-city
プロフィール

ご質問、ご相談はこちらからお気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら


おすすめ記事

  1. %e9%9b%aa3

    たいせつ

  2. 001008

    旅の記憶 2004・summer

  3. 庭1

    神の庭

  4. アクアマリン1

    石の話:アクアマリン

  5. けいつち

    啓蟄